一条工務店i-smartで建てる一番のメリットとは?

皆さまこんにちは、もう間取りのことや内装のことなどなど次の打ち合わせのことで常に頭がいっぱいいっぱいのあのんです。

完全にブログを始めるのを時期尚早で、間違ったかなー?と思いはじめている今日この頃です。
というのも、当初の予定だと2日置き(理想、現実的には3日置き)くらいで更新をする予定が、間取りの変更点における可不可などが届くたびにこれはどうかあれはどうかと考えたり、他の道を模索するために必死になり…
一歳児子育て真っ最中の主婦には少しハードルが高すぎました!

でも諦めたりしませんよ!私はこれを克服して楽しいsmartライフを手に入れるのです!
そのためにもブログは頑張りたいのです!

あなたの一条工務店が気になった理由はなんですか?

全館床暖房?高気密高断熱?

私が最初に一条工務店が気になった一番の本当の理由は、近々身内の縁談でその相手が一条工務店の関係者と言うのがありました。
身内割引とかないのかなぁと至極楽観的な気持ちでふらっと住宅展示場に寄ったのです。

その時はまだハウスメーカーをどこにしようとか決めていないどころか高気密高断熱とか言われても、何それ?おいしいの?状態でした。

ただそんなど素人状態の私達夫婦にも全館床暖房のインパクトは

一条工務店の営業さんに頭を殴られる!

と表現するくらい大きく衝撃を受けました。

その時の詳しい話はこちら

一条工務店を選んだわけ!我が家のCASE

充実の標準装備?

その後案内の中で標準装備もとても魅力的でした。

例えるなら無印良品のような一見やぼったいようでいて洗練されたとも言える見た目の標準装備の数々は、見た目はシンプルなのに機能は必要以上に充実という新しいもの好きな我々夫婦の心にはどストライクのものがあったのです。

実際いろんな方向性でそれぞれの好みにカスタマイズされたレイアウトのお家をネットで見かけます。

ほんとに多様で、欧風だったり、カントリー調だったり、モノトーンにモダン、マリン風や今流行りのカフェ風…同じ装備をアクセントクロスやインテリアでこんなにも変化に富んだ表現ができるのか!と驚きを隠せません。

もちろん、その方向性を極める人たちからすれば、一条工務店i-smartでの選択肢は少なく、いろんな苦労と工夫を重ねそこまでの表現に持っていっているのでしょうが、1ハウスメーカーの1シリーズの商品だけでここまでの色んな方向性をネットで散見できるのはある意味一条工務店ならではな気がします。

大容量太陽光発電?

これも住宅展示場巡りをするまでは、「太陽光発電とか憧れるなーでも高いんだろうなぁうちには無理かなぁ」という程度の認識でいて、まさか投資的に皆さんが搭載しているとか知らぬ存ぜぬの世界でした。

一条工務店の住宅展示場に訪れた時、夢発電の説明を受け、「これならウチでも載せられるじゃん!」と夢が膨らんだのです。
今となっては金利が多少でも安くなるからという理由で住宅ローンに組み込んでの搭載予定となっております。

やはり太陽光発電の魅力は投資目的でも震災対策でもあるにはありますが、一番は屋根のメンテナンス費用を抑えられる部分が大きいです。
我が家の場合北側斜線制限のせいで全面太陽光パネルにはなりませんでしたが、それでも全面をその他屋根材にするよりかは多少でも違うのかな?と素人考えで期待を寄せております。

まぁこれらも殆どが先人の猛者達による記録をヒントにさせていただいており、私一人ではなかなかたどり着けるような結論ではありませんでした。

過充分な機能充実が大好きな我々夫婦はそんな計算もなしに搭載した可能性もありますが、予算が圧迫してきた時に真っ先に贅沢品として仕分けしていた可能性も高いです。

高い耐震性能や防蟻処理?

初期、住宅展示場巡りをするとき一番最初に予算的には無理かもしれないが建てたいなぁと思っていたのがヘーベルハウスさんでした。

理由は簡単、鉄骨の有名メーカーで、そしてハウスメーカー巡りをするちょうど一年前くらいに鬼怒川で起きた氾濫事故でテレビ報道各社で、色んな家が流される中唯一流されないまま残されていた家が映っており、それがヘーベルハウスだったのがインパクト最大でした。

私たち夫婦、実は東日本大震災の時に有給休暇を利用してディズニーリゾートへ訪れ被災するという稀有な経験をしておりまして、また関西の出身である私は阪神大震災を経験しております。
その為地震には少し過敏で家を建てるとしたらやはり震災に強い家が良いと思っておりました。ディズニーリゾートでの被災経験は完全にカテゴリー違いとなりますがもし需要があるならいつかどこかで語ります。

また、住宅展示場で説明を受けた防蟻処理の緑色の木もそこそこのインパクトがあり、「え?これって本当に安全なの?人体に影響は?」と営業さんに思わずストレートにその場で聞いてしまっております。
営業さんの答えはもちろん安全とのことだったのですが、疑問に思うととことんまで調べたくなる私の性格としては帰宅後検索の鬼と化しました。
結果やはり先人の猛者達による色んな記録から学ぶことができとても安心することができたのです。

共通するワードそれは…

どの分野においても、調べると色んなブロガーさんの多方面の記事がずらりと並びます。

専門的なことからオプションの値段、収納の活用法まで本当に多岐に渡るブログがざっくざっくとたくさん掘り当てることができます。

そう!一条工務店で建てる魅力、それは思うに情報共有の多さではないのか?と私は思っております。

家って基本的に何件も建てる方というのは数パーセントにも満たない数でしか存在しないと思うのですが、つまりどういうことかというと一生に一度あるかないかの大きな買い物の方が大多数ってことだと思うんですね。
やはり、そんな大きな買い物をするとなると基本的には今自分の選択が正しいのか、困っている状況に抜け道はないのかガイドブックが欲しくなります。
今は便利な時代で、ちょっとした困りごとは指先を少し動かすだけで大抵の答えが見つけることができます。
けれども住宅建築において、意外と情報が少ない気がするんですよね。
そんな中、一条工務店は値引きを一切しないパック売りを謳っているからか、オプションから何まで自社でも一覧表を用意するくらいものすごく明朗会計でオープンにしてくれています。
(もちろん一覧に載っていないものも多々ありますが、そーいうものはレアオプションだからかな?と私は認識しております。)

他社だと値引きはもちろんのことオプションの金額の如何ですらブログに書く行為すら嫌われるか注意されるかはたまたなんらかの圧力があるか?
もちろんないわけではないのですが、一条工務店ほど見かけない気がするのです。
もちろん私の主観も強いことですから絶対にそうだ!ってわけではありませんが…

一条工務店のネット検索でヒットする情報の多さ、情報共有のしやすさは異常なほどではないかな?と思っております。
工場生産における規格化住宅で、選択肢の少なさから情報が共通しやすいという部分がいちばんの正解なんでしょうけれども、空調の管理の仕方からパントリーのメッシュ棚にシンデレラフィットするカゴに至るまで調べると簡単に出てくるのは本当にありがたいと思います。

家は三回建てなければ満足するものを建てられない

と俗に言います。

しかし、これだけ色んな失敗成功談があると、やはりより成功率を上げられるのではないか?と思います。

なぜなら、家は三回〜というのはライフステージの変化や本人の意識の変化によるものからその時建てたかった家と実際暮らしていて感じる想いに差異がどうしても生じるからです。

もちろん、建てる時にはフルに想像力を生かして建てようとするとは思いますが、そもそも意識が変革するということは主観が変わるということですから、想像力では補えない部分が出てくるのだと思います。

けれど、多様な意見をネットで見ることができるなら、それはある種究極の客観性を簡単に手に入れることができると言えるのではないのかな?と私は思うのです。
あぁ!こんな考え方もあったのか!と気付けることができるのはかなり有意義なことだと思います。

転ばぬ先の杖とも言いますが、それは転ぶことを知らなければ用意することができない保険です。

なので一条工務店i-smartで家を建てる一番の魅力は、全館床暖房でも高気密高断熱でも充実の標準装備でも高い耐震性能でも防蟻処理でもなく、今や全国の年間販売棟数一位に迫ろうかという中で、ブロガーの数もダントツ一位と言って過言でない情報共有力ではないのかな?と思います。

もちろん全館床暖房で高気密高断熱で充実の標準装備で高い耐震性能で防蟻処理があってこその情報共有力なんですけどね。