エアコンが水漏れした時の対処法!自分でできる簡単なやり方

皆さんこんにちは。
暑くなって来たからそろそろエアコンをつけよう!とエアコン稼働させて早1ヶ月(早)
我が家の一歳児は暑がりで、25℃を超えたあたりから不機嫌になり27℃を超えるとキーキー言いだします。
そんなエアコンなのですが、梅雨明けくらいからポタポタと水漏れしだして困り果てていました。

やはり夏になりエアコンをつけようとすると水漏れが!というエアコン問題は割とよくあるようで一条工務店の施主さん宅でもちらほら起こっているようです。

ですので今回は少しおもむきを変えて、エアコンが水漏れした時の対処法を我が家の事例を踏まえてご紹介させていただきます。

 

家の中でどこからか水音が!

それはとある深夜…どこからかポタポタと不規則に響き渡る水音…
何かから滴るようなその水音にゾクリと背筋が寒くなる思いで辺りを見渡しました。

夏ですしね、ちょっとホラーテイストでお送りしております。
まぁゾクリと背筋が寒いのはエアコンの設定を間違えて効かせ過ぎまして、その設定間違いで冷えすぎた事によりドレンパンがついに悲鳴をあげ水漏れを起こしたようでした。

外のドレンホースを確認すると少量水は流れているようでしたが明らかに水量が少なめなようです。

とりあえずこのように応急処置をして一時的にしのぎました。

ちなみにこれは臭わないオムツ袋(カットして使うタイプ)を、口だけを残して切り落としたペットボトルにはめて受け口として水が漏れ出ているところにセットし、下に伝ったところで水を受けるようにしました。

ドレンホースの掃除を試してみる!

本当なら今は賃貸なので管理会社に連絡すれば済む話なのかもしれませんが、ちょっと色々忙しくしていたためお部屋が荒れ気味でして…
急遽片付けて修理業者を招き入れるより、応急処置をして自分でドレンホースの掃除を試みてみる事にしました。
それでももしダメだった場合は覚悟を決めてお部屋の掃除をしようと思いつつ…

今は賃貸だからいいですが、家が建って住み始めたらメンテナンスも自分でやらなければなりません。
まぁこういうものも1つくらいあれば便利かなととりあえずドレンホース用のポンプをポチりました。

こんな感じのやつです。

これの一番小さなプラスチックの部品を装着してしゅこしゅこ何回か根気よくやってみると、しばらくして勢いよく水が噴き出しその後水漏れはしなくなりました。

自宅で簡単!ドレンホース掃除を家にあるもので

ただ後から知ったのですがわざわざドレンホース用のポンプを買わなくても家にある掃除機でも対応可能だったようなのです。
まぁあれば便利かな?と買ったので後悔こそしていませんが、せっかく知り得た知識なので同じく水漏れで困っている方にお役に立てればと思い、やり方を詳しく記しておきます。

 

ステップ①ドレンホースを見つける

ドレンホースは基本的には室外機周辺にある蛇腹状の直径14mmもしくは16mmの細長いホースです。

こんな感じのホースがどこにも繋がっていない状態で飛び出しているか、ぶら下がっているのですぐ見つけられると思います。
我が家の場合少し特殊なパターンのドレン管だったのですが、多少ポタポタと水が出ていましたのですぐに見つけることができました。

こんな感じでした。ちなみにこのように固定されている場合、ドレンホースクリーナーとドレン管の間をホースなどで繋ぎましょう。間違っても力ずくで繋ごうとしちゃダメですよ!バキッと鈍い音がして取り返しのつかない事になってしまうかもしれません…そう我が家みたいに(泣)もちろん直しましたが。

ドレンホースを見つけることができたら見れる範囲でいいので中を覗いてみてください。
注)虫の死骸などが詰まっているのを目撃する可能性があります。苦手な方は心して覗き込んでください。

もし見える範囲に詰まりがあった場合それを取り除いて様子を見てみましょう。

 

ステップ②ペットボトル工作をする。

ステップ①で水漏れが解消されなかった場合、見えない範囲で詰まりが起きている可能性を考慮してドレンホースの内部を吸引掃除します。
もしご自宅にある掃除機がサイクロン式の水を吸い込んでも大丈夫な掃除機であるならドレンホースに掃除機のホースを直接繋ぎガムテープなどで隙間を埋めて吸引するだけでOKです。

しかし大抵のご家庭にある掃除機は水を吸い込むと壊れてしまうタイプのものが多いですから、ご自宅の掃除機が水を吸い込めないタイプの場合はペットボトルを緩衝材にした簡易な器具を作ります。

このようにペットボトルの側面に穴を開け、掃除機を接続します。
必ず穴を開けるのは側面にしてください。
側面であれば上部でも下部でも大丈夫だとは思いますが、ペットボトルの口の部分にドレンホースを繋げるのでできればペットボトルの口から離しておいた方が安全かもしれません。
ペットボトルはどんなものでも大丈夫ですが、水のペットボトルを使うと柔らかくて加工しやすいですし、飲料後洗う必要もなく使えるので便利です。

接続できたら穴の隙間をきっちりと塞ぐようにガムテープで止めます。

これをドレンホースにペットボトルの口との部分と繋ぎ、隙間を塞ぐようにガムテープで止めれば完成です。
スイッチを入れる際に掃除機に水が流入しないように掃除機とペットボトルを繋いでいる穴部分を上側になるようにドレンホースと繋いでください。
横や下に穴部分が向いた状態で繋いでしまうとせっかく用意したこの器具の意味がなくなってしまうので要注意です。

ステップ③エアコンの電源を切る

エアコンを掃除機で吸引する時に感電や故障につながらないようまずはエアコンの電源を切ります。
またエアコンの送風口や壁との隙間から水が逆流し吹き出した時のためにビニール袋などで養生をしておき、念のためエアコンの下の物も退け、レジャーシートなどを敷いて置くと良いでしょう。

ステップ④吸い出す

いよいよ掃除機のスイッチを入れて詰まりを吸っていくわけですが、一気に圧をかけてドレンホースを破ってしまったり、掃除機自身に負荷がかかりすぎてしまったり、水が勢いよく出てきて吸い込んでしまい結局掃除機を壊すことのないよう慎重にスイッチを入れます。

慎重にスイッチを入れるといっても、連続して運転するのではなく一瞬つけてすぐに消すといった動作を何回も繰り返すだけで大丈夫です。

もうほんとに吸ってるの?ってくらいの一瞬の負荷をかけるだけで大丈夫ですので、決して水がなかなか出てこないからと2秒以上稼働しないようにしてください。

数回繰り返してみた後、ドレンホースを下に向けて水が(勢いよく)噴き出してくれば水漏れはほぼ解消できたといえます。

それでも直らなかったら…

水漏れの約8割がドレンホースの詰まりとよく言われるのですが、残念ながら2割の方のケースになってしまっている可能性が高いです。
その場合はおとなしく業者を呼んで原因を調べてもらい修理してもらいましょう。

まとめ

業者を呼ぶと水漏れ修理は安くても五千円〜ピンキリでかかります。
賃貸であれば管理会社との折半や費用を持ってくれることもあるのですが、自分所有の一軒家に住んでいる場合はそのまま費用がかかってしまいます。
少し手間はかかりますが、その少しの努力で解消できるのであれば是非試してみる価値はあるのではないかな?と思います。

またよく見かける方法で掃除機とドレンホースを直接繋げて、手で隙間を塞いでドレンホースを上に向けた状態で掃除機を稼働すると良いとありますが、我が家のドレン管は上を向けた状態でも勢いよく水が噴き出しました。
エアコンの位置とドレンホースの位置を考えればやはり高低差が多少なりとありますので、詰まって水が溜まっている場合かなりの高確率で噴き出す可能性が出てきます。
費用を浮かそうと自力でやったのに、掃除機を壊してしまったのでは結局新たに掃除機を購入するための費用がかかってしまいますので、ペットボトルなどの緩衝材を間に入れた状態で吸引することを強くお勧めします。

水漏れ予防法

また今後、再度水漏れを起こさないようにするためにできる予防法がありますので合わせてご紹介をしておきます。

ドレンホースにこのようなキャップをはめておくだけで、そこから入る虫の侵入を防ぐことが出来るのでそれだけでも詰まりを防止することができます。

このような可愛いものもありますよ。

虫の侵入だけでなく、水垢やカビなどから詰まることもあるので、出来れば定期的に吸引掃除をしておくことが水漏れ予防には良いのですが、ドレンホースキャップを付けておくだけでも何もしないよりは全然違うと思いますのでキャップは是非付けておきましょう。
黒いにっくきあいつもここから侵入してくることがあるみたいですよ!

今回は我が家に起きた悲劇から学んだエアコンのドレンホースお掃除術の紹介でしたが、これはあくまでも応急処置ですので自己責任でお試しいただきますようお願い申し上げます。

それではここまで読んでくださりありがとうございました!
皆様の困りごとが少しでも解消しますように…と願っているあのんでした。